09

09

NTTが提供している「ドコモ光ネクスト」というのは、今までの光回線が持っている優れた能力だけではなく、次世代ネットワークしか不可能な優秀な機能性や安全性、そして

信頼感を実現した高機能な様々なタイプがあるドコモ光の、とても進んだ素晴らしいイン

ターネット接続サービスなのです。

実はプロバイダーは現在国内に約1000社あります。1000社のプロバイダーをひと

つ残らず比較とか検討をするのは無理ですよね。悩む方は、著名なものだけを比較して、

その中から選定すると大丈夫です。

単純に説明すれば、「ネットを利用する方にウェブにおける空間の提供を行う」そして「

ネット回線とお客様が使用中の各種端末を安定してつなげる」機能を持つと言えるのが、

インターネットプロバイダーということなのです。

仮の話ですが必要経費がけっこう安くしますと言われても、今となってはADSLを使う

気にはなれません。何と言っても、光回線は生活に不可欠なインターネットをストレスフ

リーで利用していただくための、最高のサービスだと断言できます。

注目されている光ネクストによる次世代のサービスで、付加価値のある通信技術が、実現

できるようにできるらしく、一例では保有の携帯やスマホを使って自分の家の防犯管理や

電気機器の電源の入り切りを行なうこともできるようになると期待されています。

様々な地方にあるCATVのいくつかは、放送に使う通信用光ファイバーの回線を所有し

ているので、ケーブルテレビのサービスとセットで、独特のお得なインターネットへの接

続サービスの申し込みを受け付けているCATV会社もあるようです。

利用者が増えている光回線の秀でているところというのは、とにかくインターネットへの

接続が速いうえ回線が乱れないことで、インターネットの利用以外にも、テレビなどそれ

以外のものに対して光の拡張性の高さが期待されていますし、ほぼ100%近い将来、光

回線が主流になるのは間違いないといえます。

今までにインターネットで、動画ファイルなど大きなサイズのファイルのダウンロードを

していて、時間がかかってイライラしたり、ネットで公開されている動画の視聴をしてい

る途中に再生中の画面が変になったという嫌な経験がある人は、高速回線の光インターネ

ットへさっそく乗り換えがイチオシです。

新規に光回線を使うのであれば、まず最初に「回線事業者」だけでなく「プロバイダー」

という両方の業者との新規契約が、不可欠です。契約が必要な業者の一つ、回線事業者と

いうのは、通信に使う光ファイバーの回線を保持しているNTTやKDDIのような会社

のことです。

2008年に登場した光ネクストについてはNTTがサービスしている、利用者とプロバ

イダーとを非常に高速で安定した光回線を使って連結するサービスというわけです。1G

bps(1Gbpsは約1000Mbps)もの、ネット接続速度が提供されるようにな

ったのです。

インターネット料金についての平均値に関しては、多彩なキャンペーンなどにより日によ

ってその価格が大きく変動するわけですから、単純に「安い」「高い」なんて申し上げる

ことができる仕組みではないということなのです。また、居住している地域(たとえば東

日本と西日本)の違いでも変わるものなのです。

インターネットへの接続の時間のことを心配しなくてもいい光ネクストの場合は、一定の

定額制で使用できます。毎月の支払いが均一の利用料金ですから、インターネットライフ

を十分に楽しんでもらえるはずです!

多くの人に支持されている光インターネットというのは、単に速度が相当速いということ

の他に、接続の安定感もかなり優れていることから、万一インターネット接続中に電話を

着信したとしても、通信がいきなり途絶えたり利用中の回線の通信速度が低下するような

腹の立つ事例も、ないというわけです。

仮にずいぶん前のルーターを使い続けているようなら、光インターネットにも対応可能な

新型のルーターを利用すると、急激にインターネット接続のスピードが、速いものになる

場合もあるのです。

短期間じゃなく複数年の利用を前提にした場合の、総計の算出・比較が可能だったり、ユ

ーザーの区域でどこが最も利用者の多いプロバイダーなのかということとか、トータルに

判断して、ピッタリなプロバイダーを詳しく検索できる比較サイトも見られますから必見

ですね。